さきるかのSHIMANEザウルス闊歩道

Love is patient, love is kind. 1 corinthians 13:4

さきるかの人生の抱負*\(^o^)/* 【てらこや(10^12こや)】

どうもコニツワ!

さきるか です*\(^o^)/*

 

ゥワ明けまして!

ッHAゥウォおめでたうございます*\(^o^)/*

 

今日はさきるかの人生の抱負*\(^o^)/*

 

 

さきるかの夢⇨「食のテーマパーク」をつくる!

さきるかの夢は島根の生産者さんに恩返しすること!

どんなときも応援してくれるがっちゃんに
喜んでもらえるビジネスをつくりたい!

ずーっと考えて考えて
たどり着いた夢の形は「食のテーマパーク」をつくるってことです!

 

さきるかの「食のテーマパーク」は
愛媛県今治市にあるJAおちいまばりの産直市場「さいさいきてや」がモデルです。

2015年の夏、心理学研究室のテレビに録画されていたカンブリア宮殿

西阪さんを拝見して、すぐにメールを出して

放送の2週間後には今治市に会いに行ったあのとき。

 

「食と農の関係」の最先端を見た衝撃が
今も忘れられない*\(^o^)/*
(このことはまた違う記事で書こう...)

www.ja-ochiima.or.jp

f:id:sakirukac5:20180101071601p:plain

ここに来たら島根の食と生活がすべて堪能できて
島根のすべてを肌で感じて

ワクワクが止まない場所にしたい*\(^o^)/*


自分の野菜をいかに売るか、農業を愛しているけど今の日本の農産品市場に疑問を感じている農家さんに

笑顔になってもらいたい*\(^o^)/*

 

大学卒業時期は「こんなでっかい夢語るよりも、

まず直近生きていくことだけ考えなきゃ!!」って抑えてたけど

 

最近は周りの方に恵まれて、こんなでっかい夢もどんどん語れるようになった*\(^o^)/*

それも10月から「可能性無限大」な八雲町を拠点にさせていただいて
(地域おこし協力隊の佐藤さんとかなえさんに感謝!感謝してもしきれない!)
この夢を実現できる場所がある!と確信できたから!!

 

 

はてさて、これを実現するためには

何から手をつけたらいいんだべ?

 

 

「食のテーマパーク」を実現するための第一歩:「売れ残りゼロの八百屋さきるか」

食のテーマパークの土台として、まず整えたいのは「八百屋さきるか」です

さきるかの夢 第一ステップ

もちろんこの八百屋のビジョンも「すべては生産者のために」

 

「八百屋さきるか」の特徴は大きく分けて3つあります

f:id:sakirukac5:20180101075649p:plain

  1. 小売手数料1割(生産者さんが直売所に直接出荷してくださる場合)

    f:id:sakirukac5:20180101113601p:plain


    さきるかの直売所では
    すべての生鮮野菜の小売手数料は1割しかいただきません!
    (これは愛媛県おち今治市にある、JAおちいまばりの「さいさいきてや」をモデルにしています)

    今年から、経営計画書をいろいろなかたに見ていただくと思いますが
    ここだけはブレない!
    生産者さんにしっかり利益をお返ししたい!!

    「生産者が自身で値段を決めることができる」というところも
    何があってもぜったいブレない予定!

    生産者が直接出荷に行くスタイルの売り場はだいたい
    小売手数料が1.5~3割です

    生産者さん:「ここが松江1!手数料が安い!」「もうかる!」となれば
    ⇨松江1!生産者さんに選んでいただける直売所に!
    ⇨松江のいたるところから野菜が集まってくる
     ⇨直売所特有の問題:時期によって同じ野菜ばっかり が解決?(さきるかが作付け調整することも可能になってくる)
    ⇨まとまった量の野菜が集まる
     ⇨レストランや給食センターなど、一定量の地元野菜を受注できる(直売所がレストラン配達の集荷所てきな役割に)

    と、手数料1割にすることで
    芋づる式にいいことが起こるのでは?と考えています

    しかし、
    「1万円売り上げても千円しか儲からんのでしょ?
    それではさきるかの首がまわらんで続かんのんでは??」と思われますよね??
    そうなんです、これだけじゃさきるか生きていけない、
    生きていけないさきるか。

    そこで、次に

  2. 完全買取!!したい!!

    します!ぜーんぶ野菜買い取りまーす*\(^o^)/*

    「いやいや待て待て」
    「そんな全部買い取ったりしてたら余計首が回らんでしょう」と思われたアナタ。

    なーに言ってるんですか
    もうさきるかのビジョンをお忘れですか、笑
    「すべては生産者のために」ですよ*\(^o^)/*

    売れ残った野菜を生産者が取りに来るのだったら
    生産者さんはその日の農作業に集中できません!
    それでは生産者さんの真の喜びにならないと思うんです。


    「今日は全然売れてないな、今日はもう収穫やめておこう...」
    「ああ、閉店時間までに売れ残りをチェックしに行かなきゃいけない...!!」
    「豊作は嬉しいけど高く売れなくなるな...」

    そんなことはもう心配なっしんぐ!
    『さきるかに野菜を出したら全部売ってごすわ〜』を実現したい*\(^o^)/*

    f:id:sakirukac5:20180101115356p:plain
    ぜーんぶの野菜は買い取って
    お味噌汁やいろいろに入れるだけで新鮮地元野菜が摂れる
    ドライ野菜や冷凍野菜に

    いつか「さきるか食堂」と「軽食喫茶さきるか」ができて
    旬の地元の食材がいつでも美味しく食べられる場所をつくりたいなあ

    食堂では地元のお母ちゃんの味が楽しめて
    軽食喫茶では松江の凄腕シェフたちとコラボしたおしゃれな料理・スイーツが楽しめる
     
    そこで「美味しい!」と思った野菜を
    また直売所まで買い求めて来ていただけたらなあと思います*\(^o^)/*



    ここまでできたら御の字なのですが、
    もう少し未来では「生産者と消費者のインタラクティブな交流」も促進できたらなあと考えてます

    それが

  3. 消費者からのフィードバックを生産者が受けられるPOSシステム導入したい

    です*\(^o^)/*
    最近はスーパーの直売所でも「私がつくりました!」
    「こんな思いで農業してます!」といった

    『生産者からのアプローチ』は一般的になってきました。
    とっても素敵な流れだと思います*\(^o^)/*

    では、
    消費者からの声は、生産者に届いているでしょうか?

    「虫が入ってた」
    「色が汚い」

    こんなネガティブなメッセージばかり
    生産者に届いてしまうのが現状です。

    ほとんどの生産者はは
    「美味しくて感動した!」
    「うちの子◯◯さんとこのピーマンなら食べられる!」
    みたいなポジティブなメッセージ、受け取れていないんです。

    なぜなら、その術がないから*\(^o^)/*
    じゃ、つくればいいじゃない*\(^o^)/*(簡単に言うけどwww)
    f:id:sakirukac5:20180101121202p:plain

    八百屋さきるかでは、
    この『消費者⇨生産者』へのフィードバックに
    消費者へのポイント還元をして、さらなる購買意欲促進につながって
    リピーターを増やせるのでは?と考えています

    あああ〜夢のようだ〜笑笑



    以上が八百屋さきるかの特徴*\(^o^)/*
    ワクワク、しますよね!?*\(^o^)/*



    で、ちょっとおまけ

食のテーマパークの実現の先で、さきるかが実現したい夢

f:id:sakirukac5:20180101121617p:plain

大学生のとき、
耕作放棄地つかってサラリーマン向けにシェア畑ビジネスしたいわ〜」とか
「松江のおいしいものプロデュースしたいわ〜」とか

生産者さんのためになること、挑戦してみたいことがたくさんあった。

そのとき「環境のせいにして行動しなかった自分」がいたのが一番大きな要因だったけど、やっぱり
「行動に移す場がない」「ツテがない」っていうのも大きかったと思う。

これ以上「環境がないから」ってあきらめる学生を増やしたくない!
とにかく学生がやわらかい頭でPDCAサイクルを高速で回せる場所をつくりたい!

さきるかの「食のテーマパーク」には
「食・農」以外に興味がある学生にも、イベント企画・コンサル・接客....
幅広い分野でチャレンジできるフィールドができると思う*\(^o^)/*



きっとさきるかの「食のテーマパーク」でこれが実現したら
もっともっと
学生が地域の方と関わる機会になるし、
もっと島根が好きになる。

学びの場が学校だけじゃなくなれば
もっと面白い人生になるはず!*\(^o^)/*

 


以上が
さきるかの2018年人生の抱負でした*\(^o^)/*

 

 

 

長いのに読んでくださってありがとうございました*\(^o^)/*

 

 

Bon voyage*\(^o^)/*