女性が人間として評価される時代はいつ来るのか?

気づいてしまった 敬愛して止まず、 一生のうち一度はお目にかかりたい と思う方々を列挙してみると すべて男性だった。 フェミニストである私がこれでは ゆゆしき事態であります。 八百屋修行へ向かうバスを待つほんの数分だったので もう少し時間があれば女性も思いついたかもしれないけれど。 思えば 巷を賑わせている…