さきるかのSHIMANEザウルス闊歩道

だれかの「くすり。」に #人生コメディ

誰も私に「絵を描くな」とは言ってない

どうもコニツワ!!

さきるかです!!

 

さき るか - ペットボトルと水と私🐩💥☄️㊗️ | Facebook

 

 

最近、

生きづらさ、とか

自己肯定感とかについて同年代と話す機会が多いのでちょっと整理も兼ねて書きます〜

全然まとまってないけど笑笑

 

誰も私に「絵を描くな」とは言ってない

さきるかは小さい頃から絵や字を描くこととか

生け花とかすっごい好きでした

 

今年5月に久し振りに色鉛筆の蓋を開けたら

時間を忘れて夢中に描いてる自分に気づいて、さらに、今まで絵を描くことを意識的に避けてたことに気づきまする

 

 

じゃあどうして絵を描くのをやめてしまった?

絵が好き、なのは確かだけど

「描いてどうするの?」「何の意味があるの?」って現実主義な自分

 

小学校入る前は、3兄弟で1つテーマ決めて同じ絵描いたり(幼いながら姉と兄の創造性に感銘を受けていた)(今考えるとなかなかクリエイティブな遊びだったな)、

小学校入るとクラスの友達と交換ノートに共同制作でマンガつくったり、

絵を描くことは本当に生活の一部だった。

 

中学校入ると、なんとなく絵とか歌とか演劇とか、だいすきなものが好きって言えなくなって、

あれ、思春期あるあるなのかなあ

 

ただただ描きたいものを描くってことをしなくなっちゃった

 

結局自分の中の「何か理由がないと許されない」感が原因?

自分の意識のないところで

「好きだから」「やりたいから」

って理由じゃだめー!って思ってたかも

 

特に絵を描くことで賞を取りたいとか

留学して絵勉強したいとか目標もなく、

ただ「好きだから」じゃ正当な動機にならない気がしてた

 

これって絵に限らず

いろんなことに当てはまると思う

 

自分自身で自分を認めてあげること = 相手をそのまま受け入れられる

これ、意識してないとすぐにできなくなっちゃう

すぐ、人と比べちゃう

隣の芝が青く見えちゃう

自分の決断に自信が持てない証拠じゃろうなあ

 

「自分で※ 決めたんだ」って事実に、

無条件で 自信を持てるようになるのが人生の生産性高まりそう

 

※ noteにさきるかがいつも自分の決断に自信持つ方法書きました

やりたいことがわからない?決断における祈りの効果|sakiruka|note

ちょっと恥ずかしいので100円で障壁つくっときます笑

 

自己肯定感が中途半端に高いとイジメられる国ニッポン

シンプルなことだと思うけど

無条件で自分に愛を注ぐってなかなかできない。

海外の人と話すと、それは日本人の特徴なのかな、と思う。

 

なぜか。

 

たぶん教育の現場かな、

 

自己肯定感振り切っちゃってたらいいけど

自己肯定感が中途半端だと周りの反応に負けちゃうのよね

最悪、イジメられちゃう

 

日本の教育現場は特にそんな感じがあるよね

 

振り切っちゃってたらいいのよ、

自己肯定感振り切っちゃってたらね、

 

いいじゃん?自分大好きキャラ、だれも傷つかないじゃん??

自分大好きキャラをうざったく感じるのはメンヘラの証拠!

 

自分以外自分の人生の主人公はいないんだから、

自分のことくらい心から大好きになろうよ!

 

総人口メンヘラ脱却世代!!

 

 

オマケ「この進路は正解ですか?」と聞く大学生

この話って最近の大学生さんの進路にも関係してるのかなーと思っていて。

 

自分の人生のことなのに、「僕こっちの道選ぼうと思うんですがさきるかさんどう思いますか?」って、

「そりゃあ、自分が好きなほうやりたいほう選んだらいいと思うよ」って答えると、

「いやそうじゃなくて、今後社会が急激に変化していく中で、こっちの方がいいんじゃないかって思ってるんです、さきるかさんどう思いますか?」とくる。

 

あるいは「親はこうしろって言うんですが、さきるかさんならどうしますか?」とか。

 

新卒ニートさきるかに人生相談しちゃうのは相当リスク高いってこと気づいてないのかなみんな!!笑

目を覚まして!!w

 

結論。

 

誰も私に絵を描くなとは言ってない

自分にストッパーをかけているのはいつだって自分自身だ

たいてい、自分自身のプライドの高さか

自己肯定感の低さだ

 

 

たぶん、人生本当にどうにかなるもんだ

たぶん笑笑

 

「やりたい」「好きだから」も正当な理由

 

自信もっていこう

 

 

Bon Voyage!